①SQL DB ストアドプロシージャについて調べました。

ストアドプロシージャについて調べたのでメモしておきます。

ストアドプロシージャを作成する目的
・繰り返して使用されるデータベースに対する処理を共通化して実装することによって、
データの矛盾を防ぎたい。
・単独のSELECT文では処理できない複雑な条件による問い合わせを、
クライアント・プログラムではなくデータベース上で実行することで、
クライアントとデータベース間の通信量(トラフィック量)を抑えてレスポンスタイムを短縮化したい。

ストアドプロシージャ作成
CREATE PROCEDURE (ストアドプロシージャ名) AS SELECT field1, field2, field3 FROM TABLE1

ストアドプロシージャ実行
・引数の指定がない場合
EXEC (ストアドプロシージャ名)
・引数の指定がある場合
EXEC (ストアドプロシージャ名) ’引数に渡す値’

1 thought on “①SQL DB ストアドプロシージャについて調べました。”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.