Нормандин довтолгоон (Invasion of Normandy, D day)

Дэлхийн 2-р дайны үед Германд эзлэгдсэн Европыг чөлөөлөхөөр холбоотны тал(Америк, Англи, Канад) Нормандин эрэгт буух төлөвлөгөөг боловсруулж 1944 оны 6 сарын 6-ний өдөр Нормандин эрэг рүү довтлон төлөвлөгөөгөө хэрэгжүүлж эхэлсэн. Төлөвлөгөөг боловсруулж байх явцад довтолгоо хийх өдрийг тодорхойгүй хугацаа болох үсгээр D day гэж нэрлэж байсан бөгөөд төлөвлөгөөний нэр нь Нептюнэ ажиллагаа(Operation Neptune)нэртэй байж. үргэлжлэл бий…

②SQL DB ストアドプロシージャについて調べました。

■変数の宣言 「DECLARE」ローカル変数とカーソルを宣言する際に使用するSQL文です。 DECLARE (変数名)(データ型) 例 DECLARE @UserName VARCHAR(30) DECLARE @InsertDate DATETIME ■カーソルの宣言 カーソルとは、SELECT文の実行結果を1行ずつ取り出すことができる仕組みです。 DECLARE (カーソル名) CURSOR FOR (カーソルを使用するSELECT文) 例 DECLARE UserInfo CURSOR FOR SELECT FirstName + LastName AS UserName, CreatedDate FROM User   ■SET文 変数に値を代入するSQL文です。 SET (変数名) = (代入する値) 例 SET @UserName = ‘テスト太郎’   ■SET NOCOUNT OFF SELECT文を実行したときにクエリアナライザのメッセージタブに表示される 「(X件処理されました)」というメッセージを出さないようにSQL実行環境を変更します。 SELECT文を実行するたびに「(X 件処理されました)」というメッセージを表示すると、 PRINT文で明示的に表示する重要なメッセージなどを見つけにくくなるばかりか、 メッセージをSQL Serverからクライアントに送信するためネットワークに無駄な負荷を掛けます。   ■OPEN CLOSE文 OPEN文はカーソルを使用できるように準備します。 OPEN (カーソル名) カーソル利用が終了したらCLOSEします。 CLOSE (カーソル名)   ■FETCH文 FETCH文を使用して、カーソルから1行を取得します。 FETCH (FETCHタイプ)(カーソル名) INTO (結果を保存するローカル変数)   ■CAST関数 CAST関数は、値のデータ型を変換する関数です。 CAST( (変換する元の値) AS (変換後のデータ型) )   ■DEALLOCATE メモリからの開放処理  

①SQL DB ストアドプロシージャについて調べました。

ストアドプロシージャについて調べたのでメモしておきます。 ■ストアドプロシージャを作成する目的 ・繰り返して使用されるデータベースに対する処理を共通化して実装することによって、 データの矛盾を防ぎたい。 ・単独のSELECT文では処理できない複雑な条件による問い合わせを、 クライアント・プログラムではなくデータベース上で実行することで、 クライアントとデータベース間の通信量(トラフィック量)を抑えてレスポンスタイムを短縮化したい。 ■ストアドプロシージャ作成 CREATE PROCEDURE (ストアドプロシージャ名) AS SELECT field1, field2, field3 FROM TABLE1 ■ストアドプロシージャ実行 ・引数の指定がない場合 EXEC (ストアドプロシージャ名) ・引数の指定がある場合 EXEC (ストアドプロシージャ名) ’引数に渡す値’